Skip to main content
中国デリバリー事情

中国デリバリー事情 | クロスシーブログ

日本でも新型コロナウイルスの感染拡大により、Uber Eatsや出前館といったデリバリーサービスの利用が拡大していますが、送料やサービス料も少なくありません。一方、中国の都市部ではデリバリーが以前から普及しており、その送料も無料やかかっても3~5元(50~80円)ということも多く、リーズナブルになっています。

続きを読む

WeChatミニプログラムを開設するには?開発から運営までまとめ

日本国内の商業施設や店舗でも、WeChatミニプログラムを利用して中国向けPRを実施したり、顧客へのサービスを提供したりできます。WeChatミニプログラムの開設までのステップ、またそれぞれのフェーズで注意しなければいけないことについて整理します。

続きを読む

中国SNS

「WeChatミニプログラム」とは|その利用状況から活用方法までを徹底解説

中国向けマーケティングで欠かせないのが、中国で日常使いされているアプリの「WeChat」(中国語名:微信)を活用した施策です。WeChatには決済機能の「WeChat Pay」の他、様々なサードパーティの提供する機能が備わっていますが、ユーザーにはさらに細分化したニーズが顕在的、潜在的に存在します。
こうした様々なニーズを、WeChat上で満たすることを可能にするのが「ミニプログラム」です。

続きを読む

ハフポスト_ロゴ

ハフポスト「中華アプリから覗く経済」において、当社役員の又村が動画アプリ「快手」について解説いたしました。

ネットニュースメディア「ハフポスト」の連載シリーズ「中華アプリから覗く経済」において、当社役員の又村が動画アプリ「快手」について解説いたしました。本記事のテーマは「農村から有名人になりたい。動画アプリ『快手』に夢を見て集う“沈んでいる市場”の住人たち」

続きを読む

「Alipay」「WeChat Pay」のシェアは?キャッシュレス決済先進国中国の二大アプリ最新2019年Q2レポートを紹介:訪日ラボの弊社連載第40回が公開

最近では中国を「キャッシュレス決済」先進国として認知する日本人も増えてきました。中国で普及する二大スマホ決済サービスはAlipayとWeChat Payです。日本の店舗でもインバウンドの需要取り込みを狙い、それぞれの決済に対応する動きが目立ちます。それぞれの特徴や2019年第2四半期における市場シェアについて解説します。

続きを読む