Skip to main content
リモートワーク

中国リモートワーク最前線 | クロスシーブログ

中国では新型コロナウイルスの感染拡大により早くから都市封鎖や外出規制の措置が取られました。これによりリモートワークやオンライン授業が急速に普及。中国ならではのものが使われるようになっており、アリババの「Ding Talk(釘釘)」は、ユーザー数が3億人を突破。リモートワーク最前線を解説しています。

続きを読む

中国デリバリー事情

中国デリバリー事情 | クロスシーブログ

日本でも新型コロナウイルスの感染拡大により、Uber Eatsや出前館といったデリバリーサービスの利用が拡大していますが、送料やサービス料も少なくありません。一方、中国の都市部ではデリバリーが以前から普及しており、その送料も無料やかかっても3~5元(50~80円)ということも多く、リーズナブルになっています。

続きを読む

中国の新型コロナ対策「リモートワーク」「リモート授業」現場では钉钉(Ding Talk)に存在感:訪日ラボの弊社連載第41回が公開

中国各地では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、外出自粛の動きが見られました。それに伴い、企業のリモートワークや、小中学校のリモート授業も開始されました。今回は、こうした動きを支えたオンラインサービス、アプリについて紹介します。

続きを読む

WeChatミニプログラムを開設するには?開発から運営までまとめ

日本国内の商業施設や店舗でも、WeChatミニプログラムを利用して中国向けPRを実施したり、顧客へのサービスを提供したりできます。WeChatミニプログラムの開設までのステップ、またそれぞれのフェーズで注意しなければいけないことについて整理します。

続きを読む

中国SNS

「WeChatミニプログラム」とは|その利用状況から活用方法までを徹底解説

中国向けマーケティングで欠かせないのが、中国で日常使いされているアプリの「WeChat」(中国語名:微信)を活用した施策です。WeChatには決済機能の「WeChat Pay」の他、様々なサードパーティの提供する機能が備わっていますが、ユーザーにはさらに細分化したニーズが顕在的、潜在的に存在します。
こうした様々なニーズを、WeChat上で満たすることを可能にするのが「ミニプログラム」です。

続きを読む