Skip to main content
中国BAT+1

急伸するテンセント 時価総額世界7位へ | クロスシーブログ

テンセントの時価総額が70兆円に迫る勢いで上昇しており、アリババも越えて中国企業としてNo.1、そして世界でもGAFAらに次ぐ7位とランクを上げている。アリババは約66兆円、同8位と僅差だが、以前両社と共に中国IT御三家「BAT」とされた百度は約4兆円と差が開いている。

続きを読む

CEOライブ

中国EC「618」でトレンド入り 「CEOライブ」とは | クロスシーブログ

今年618の傾向としては企業トップが自ら行うライブが増えましたことです。中国OTA最大手のCtripでもCEOの梁建章氏が自ら登場。コスプレやギター演奏等、趣向も凝らした内容で生中継を繰り返し、視聴者数はのべ3,000万人、旅行商品の取引額は5.6億元(約85億円)にも到達しています。

続きを読む

中国EC_618

中国EC「618」セールでの記録更新とトレンド | クロスシーブログ

中国ECでは11月11日のセールがよく知られていますが、これはアリババグループが仕掛けた「独身の日」のイベントです。それに対し、JD.comは創業記念日である6月18日に一大セールを実施しています。独身の日と同様に他のECプラットフォームも参戦し、EC業界全体を挙げてのスーパーセールの様相を呈しています。

続きを読む

中国デリバリー事情

中国デリバリー事情 | クロスシーブログ

日本でも新型コロナウイルスの感染拡大により、Uber Eatsや出前館といったデリバリーサービスの利用が拡大していますが、送料やサービス料も少なくありません。一方、中国の都市部ではデリバリーが以前から普及しており、その送料も無料やかかっても3~5元(50~80円)ということも多く、リーズナブルになっています。

続きを読む

WeChatミニプログラムを開設するには?開発から運営までまとめ

日本国内の商業施設や店舗でも、WeChatミニプログラムを利用して中国向けPRを実施したり、顧客へのサービスを提供したりできます。WeChatミニプログラムの開設までのステップ、またそれぞれのフェーズで注意しなければいけないことについて整理します。

続きを読む

中国SNS

「WeChatミニプログラム」とは|その利用状況から活用方法までを徹底解説

中国向けマーケティングで欠かせないのが、中国で日常使いされているアプリの「WeChat」(中国語名:微信)を活用した施策です。WeChatには決済機能の「WeChat Pay」の他、様々なサードパーティの提供する機能が備わっていますが、ユーザーにはさらに細分化したニーズが顕在的、潜在的に存在します。
こうした様々なニーズを、WeChat上で満たすることを可能にするのが「ミニプログラム」です。

続きを読む