Skip to main content

訪日ラボの弊社連載第34回が公開されました!9.37億人のSNSユーザー最新トレンドを調査!3つのポイントは「WeChatは60代も活発に利用・Weiboで情報収集・BBSが躍進」

Pocket

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第34回目が公開されました。

画像をクリックすると、訪日ラボのページが別ウィンドウで開きます。

今回は、中国のSNSの生態系とユーザー動向について紹介しました。アプリ全体の潮流や利用動向と、アクティブユーザー数が億を超える中国の2大SNS、WeChatとWeiboの姿を探ります。

2019年2月時点での中国のSNSユーザー数は、のべ9.37億人です。一時の爆発的流行やユーザーの拡大と比べてある程度落ち着いてきたものの、一定の増加率を保っています。

中国のSNSには大きく5つカテゴリに分けられます。

  1. メッセンジャーアプリ…WeChat、QQなど
  2. マイクロブログ…Weiboなど
  3. BBS…「Baidu Tieba(百度貼ba)」、「天涯社区」、「Douban(豆瓣/ドウバン)」など
  4. マッチングアプリ…「探探(Tantan)」「陌陌(momo)」など
  5. コンテンツSNS…「最右」など
▲中国SNSの分類5つと、それぞれのカテゴリで提供されている主なサービス

最近は掲示板(BBS)のようなタイプと「コンテンツSNS」と呼ばれる形式のサービスでユーザーが増えています。掲示板(BBS)やコンテンツSNSはショートムービーや短文投稿と異なり、基本的には長文の投稿と、これにに対するコメントでコンテンツが構成されています。

▲中国の代表的BBS、天涯社区

今回の調査ではSNSユーザーの男女別に、どの領域に関心が高いかを質問しています(複数回答)。その結果、男女共通して「映画」「スポーツ・健康」に関心が高いこと、旅行やアニメに関心が高いのは女性だということがわかりました。

中国市場への日本製品の訴求では、こうした領域に切り込んでいったり、日本旅行に関しては女性にターゲットを絞ったりするプロモーションが効果を発揮しそうです。

▲男女別の関心の高いトピックについて。男性7位以下は:グルメ、ゲーム、車、教育、女性の6位以下は:ニュース、教育、ゲーム、動物、アニメ

また中国のネットユーザーに広く利用されているWeChatの、 2019年2月のデイリーアクティブユーザー数(DAU)は6.48億でした。過去1年間でほぼ一貫して増加を続けています。

またマンスリーアクティブユーザー数(MAU)は9.9億、インストール率は85.8%です。 1日の平均利用時間は64分、平均起動回数は17回と、普及しているだけでなく、かなり高頻度に利用されています。

WeChatの「公式アカウント」(公衆号)は、フォロワーに対しブランドやメーカーなど企業や政府組織により、ユーザーに情報を配信するものです。 今回の調査では、公式アカウントの内容をチェックしているとしたユーザーが回答者の90%近くいました。

WeChatの公式アカウントを活用した日本製品のプロモーションは、訪日中国人の旅行中の購買促進にも効果を発揮するでしょう。

また、WeChatのSNS機能(モーメンツ)については、年代別では60後(50代)が最も頻繁に使っていることが今回の調査で報告されています。モーメンツはWeChatにおけるタイムラインですが、ユーザー全体でも、更新回数が昨年よりも増えていることが報告されています。

同様に、中国版TwitterのWeiboのデイリーアクティブユーザー数(DAU)は1.07億、マンスリーアクティブユーザー数(MAU)は3.11億、インストール率は32.6%との調査結果になっています。

DAU、MAUとも過去1年間で減少を続けてはいるものの、MAUは回復傾向を見せています。また減少したとはいえ約3億のユーザーがアクティブに利用しており、主要なSNSとしての地位は揺らいでいないと言えるでしょう。

WeChatとの相違点としては、Weiboは速報性のある情報をキャッチしたり、面白いと感じた情報のシェアや、俳優など著名な人物の発信を追いかけたりといった目的で活用されている点にあります。

中国におけるSNSの存在感はますます高まっています。中国人への情報発信においては、ウェブメディアの利用のみならず、こうしたSNS内にコンテンツを展開することも必要不可欠と言えます。

 

連載第34回はこちらからご覧いただけます。本文もぜひご一読ください。

【中国】9.37億人のSNSユーザー最新トレンドを調査!3つのポイントは「WeChatは60代も活発に利用・Weiboで情報収集・BBSが躍進」

訪日ラボ連載は各週月曜(祝日の場合は翌日)更新予定です。今後ともどうぞご期待ください。

中国でインターネットビジネスをはじめるには専門知識が必要です。

「何が必要か」、「スケジュールはどうすればいいの?」
調べる前に、専門家にご相談ください。

お問い合わせはこちら