Skip to main content
日本情報駅、Weiboのトップページ

これからの中国SNS・インターネット空間を盛り上げるMCN、その強みとは【J-GUIDE Marketingヤン・ロン氏インタビュー】

SNSがユーザーの規模を拡大するにつれ、インターネット上での発言力・影響力の大きいいわゆるインフルエンサーやKOLを束ねるMCN(マルチチャンネルネットワーク)の存在感も大きくなっています。MCNの規模の広がりと、MCNがインフルエンサーやKOLに対してなぜ有益な存在であると言えるのかについて解説していきます。

続きを読む

訪日ラボ20回目更新タイトル画像

訪日ラボの弊社連載第20回が公開されました! なぜWeChatは10億人以上のユーザーを獲得したのか?/「チャット」にとどまらず『衣食住行』のニーズに対応&『Wedocrm(微答)』というCRM機能も

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第20回目が公開されました。今回は中国での日常的なコミュニケーションに欠かせないWeChatをとりあげ、決済機能や生活に密着したインターネットサービスのラインナップを紹介しました。またインバウンド事業者がどのような形でCRM(顧客関係管理)に活用できるか解説します。

続きを読む

WeChat内のメニューにあるマオイエン

中国エンタメ窓口「猫眼電影」「格瓦拉(ゲバラ)」とは? オンラインチケットサービスの業界勢力図&現地でのプロモーション事例を紹介【セミナーレポート】

北京、上海、広州、そして東京の日本貿易振興機構(JETRO)事務所をつなぎ開催される「北京コンテンツ勉強会」にて、弊社執行役員の山本がお話をさせていただきました。同日の内容より、「映画」や「演劇」といったエンタメ領域において中国で利用されているアプリ(インターネットサービス)と、そこでの広告施策を紹介します。

続きを読む

honichi_rensai_19

訪日ラボの弊社連載第19回が公開されました! 新興中国EC「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」のユーザー数が4億人となった理由とは/中国の2大EC「タオバオ」「京東ジンドン」との違いから探る

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第19回目が公開されました。今回は「EC」に焦点を当て、越境ECとインバウンド需要の関係について考察しました。

続きを読む

honichi_rensai_18

訪日ラボの弊社連載第18回が公開されました! 元祖インフルエンサー「papiちゃん」が手がける『papitube』とは?/中国ではMCNの存在感が上昇中

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第18回目が公開されました。今回は2015年からネットにオリジナルの動画を公開しているpapiちゃん(papi酱)と、中国のMCN「papitube」を例に中国のコンテンツマーケティングの最新事情を紹介しました。

続きを読む

papitubeのロゴ

中国でも広まる「MCN=マルチチャンネルネットワーク」の波、元祖ワンホンのpapi醤が率いる最強のKOL集団papitube

MCN(マルチチャンネルネットワーク)が中国でも存在感を高めています。2015年からネットにオリジナルの動画を公開しているpapiちゃんはワンホンの草分け的存在ですが、現在papitubeというMCNを運営しています。本編では前半でワンホンのpapiちゃんについて、後半で中国でのMCNの現状とpapitubeについて解説します。

続きを読む

honichi_rensai_17

訪日ラボの弊社連載第17回が公開されました! 【中国SNS】フォロワー数水増し事件発覚で注目度高まる「真実のフォロワー数計測ツール」

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第17回目が公開されました。中国向けのマーケティング施策に欠かせないインフルエンサー「KOL(Key Opinion Leader)」の起用について、その選出から効果測定までの現状の課題と、打開策について解説します。

続きを読む

2018年WAOJEイベントの様子

【イベントレポート】弊社執行役員の山本が「WAOJE Global Venture Forum2018 in プノンペン」セッションに登壇いたしました

世界で活躍する日本人起業家と、世界展開を加速したい日本企業が集まる大会「WAOJE Global Venture Forum2018 in プノンペン」が、去る2018年8月31日~9月1日、カンボジア・プノンペンのソカーホテルで開催され、弊社の執行役員、山本達郎も登壇させていただきました。

続きを読む

訪日ラボ16回目更新タイトル画像

訪日ラボの弊社連載第16回が公開されました! Tik Tokは広告出稿のスタイルも多種多様!世界観にとけこむメッセージ発信の方法を徹底解説【応用編】

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第16回目が公開されました。今回はショートムービーサービスのTik Tokの多種多様な広告のスタイルをご紹介します。

続きを読む

クロスシーとミャオジェンのロゴ

クロスシー、中国ビッグデータ解析大手Miaozhen Systemsとパートナーシップ契約締結 ~インバウンド・越境ECのプロモーション精度を飛躍的に向上~

日中間のクロスボーダービジネスを行う株式会社クロスシー(本社:東京都台東区、代表取締役社長:渡辺大介、以下当社)は、中国ビッグデータ解析大手のユニコーン企業、秒針信息技術有限公司(本社:北京市、以下、Miaozhen/ミャオジェン)とパートナーシップ契約を締結したことを発表します。

続きを読む