Skip to main content
KOL > 中国マスク事情の今 | クロスシーブログ
中国マスク20200519

中国マスク事情の今 | クロスシーブログ

Pocket

日本では依然としてマスク不足が続いており、御徒町やアメ横など特定の場所を除いては全国的にコンビニ、ドラッグストアなどで十分な量が供給されていない状況となっています。日本企業もこれまでマスク生産の70~80%を海外、とりわけ中国に依存していたため、世界的に需要が高まった今、国内のマスク不足が深刻な状態となっています。

 

中国マスク20200519
北京の店頭に並べられているマスク

 

この要因は各国とのマスク獲得競争に負けてしまっていることや、中国政府によるマスク輸出規制が原因と言われていますが、実は今挙げたもの以外にも要因があることが分かってきました。 現在中国には各国からのマスクの注文が多く寄せられており、中国国内のある自動車メーカーもマスクの生産に乗り出しているのですが、そのマスクが相手国の基準を満たしておらず、粗悪品のためキャンセルとなっている事例を目にしました。同様の事例は他にも発生しており、この状態を危惧した中国の商務省、税関総局、および州政府の行政局は4月25日にマスク等の流行防止材料の品質管理を強化する共同発表を行いました。この発表では、マスクの明確な基準を設け、原材料管理、製造管理を厳しく行うように求めています。

 

このような状況もあり、マスクを作る材料さえあればだれでも作ることが出来る状態ではなくなったことが、マスク不足の要因として新たに見えてきた側面です。現在中国においてマスク不足は解消され、雑貨店、ドラッグストアなどで大量に陳列されている状態となっています。日本でも、マスクの品質に関してメディアで取り上げられ問題となっていますが、一刻も早く以前のように誰もが安心して購入できる状態になることを心から願っています。

 

クロスシーでは、今週・来週と引き続き中国越境ECの無料オンラインセミナーを開催して参ります。ぜひ皆様のお役に立てればと考えております。

 

  • 【オンライン開催】
    中国越境EC最新トレンドセミナー
    ・日付:
    5月26日(火)
    5月28日(木)
    6月2日(火)
    6月4日(木)
    ※ いずれかご都合の良い日にご参加下さい。

    ・時間:各日16:00 – 17:00
    ・形式:ウェブセミナー
    ・費用:無料 

  

日本では「天猫 Tmall」「京東 JD.com」などの大手プラットフォームがよく知られていますが、コスト面を含めてハードルが高く、新規参入が容易でないというのが現状です。そこで、今回は「WeChatミニプログラム」を活用した新しいスキームをご紹介します。初期費用0円、月額費用4万円~、物流体制も整備しており、すぐにも始められる環境をご用意しております。これにより、どなたでも手軽に中国越境ECをスタートすることが可能となります。 プレスリリースはこちら

  

  • 【当日のアジェンダ】
  1. 越境EC市場の今
    市場規模の変遷、市場シェア、コロナ後の動向、自治体の事例

  2. 参入のために
    Tmall、JD.comなど既存プラットフォーム出店のハードル

  3. 新たな参入方法
    低リスク・低コストでスタート可能なWeChatミニプログラム越境ECサービスのご紹介

 

  • 【講演者】
    株式会社クロスシー 執行役員 梶原 俊一

    大手ディスカウントストアにて流通・小売ビジネスに従事。インバウンド事業を立ち上げ、超小型戦略店舗の開店や地域を巻き込んだオリジナル媒体の制作等により売上を拡大。日中交流を通した地域活性化と商品流通の拡大を実現すべく当社に参画。

 

  • 【お申込み方法】
    下記リンクより「セミナー申し込み」を選択の上、「お問い合わせ内容」の欄にご希望の日付をご記載の上、お送りください。

    お申込みページはこちら

 

  • 【参加方法】
    お申込み完了後に、ご参加者の方々にウェブセミナー参加用のURLをお送りします。

    ※ 申し訳ございませんが、同業他社や個人のお客様からのお申し込みは、お断りさせていただいております。

お問い合わせ
CONTACT

株式会社クロスシー

お電話でのお問い合わせ
03-5846-8931(平日 9:30-18:30)

フォームからのお問い合わせ