Skip to main content
Douyin > ハフポスト「中華アプリから覗く経済」において、当社役員の又村が動画アプリ「快手」について解説いたしました。
ハフポスト_ロゴ

ハフポスト「中華アプリから覗く経済」において、当社役員の又村が動画アプリ「快手」について解説いたしました。

Pocket

ネットニュースメディア「ハフポスト」の連載シリーズ「中華アプリから覗く経済」において、当社役員の又村が動画アプリ「快手」について解説いたしました。

本記事のテーマは「農村から有名人になりたい。動画アプリ『快手』に夢を見て集う“沈んでいる市場”の住人たち」

 

ハフポスト

 

主に下記3点について解説をしています。

  1. 動画アプリ「快手」成り立ち
    2011年に誕生し、現在DAU(デイリーアクティブユーザー)は2億人とされている「快手」の特徴について紹介。
  2. 「抖音(Douyin)」との違い
    抖音(海外版=TikTok)との相違点。「コンテンツ」よりも「人物」にフォーカスしたアルゴリズムについて。
  3. 農村部消費の取り込み
    JD.comとの提携により三級・四級都市のニーズを更に汲み取ることに成功、6月18日のセールでも大きな成果を上げています。

 

詳しくはこちらより本文をご覧ください。
農村から有名人になりたい。動画アプリ「快手」に夢を見て集う“沈んでいる市場”の住人たち

 

「中華アプリから覗く経済」のその他の記事はこちら

 

当社では、今後も日中間の情報格差を埋めるべく、最新の中国インターネットマーケティングに関する情報発信、セミナー等を積極的に行ってまいります。セミナーの講師ご依頼や詳しいサービスのお問い合わせは、ぜひこちら(別ウィンドウで開きます)よりお声がけください。

中国でインターネットビジネスをはじめるには専門知識が必要です。

「何が必要か」、「スケジュールはどうすればいいの?」
調べる前に、専門家にご相談ください。

お問い合わせはこちら