Skip to main content
訪日ラボ連載14回目

訪日ラボの弊社連載第14回が公開されました! 【中国版Twitter】Weibo(微博/ウェイボー)活用のための基礎知識 ~利用シーンと公式アカウントの分類、広告のタイプをおさえる~

Pocket

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第14回目が公開されました。

honichi_rensai_14

▲画像をクリックすると訪日ラボの記事に遷移します。

今回は「中国版Twitter」と呼ばれるWeibo(微博/ウェイボー)について、ユーザーの利用動機、公式アカウントについて、そして出稿可能な広告のパターンをご紹介します。

まずは前回に引き続き、新浪微博のデータセンターによる最新のユーザーデータ「2017微博用户发展报告」から、Weiboの利用シーンについて紹介します。

以下の図のように、ユーザーの関心領域で最も大きいのは「芸能人」、続いて「美人・イケメン」「車」「アニメ・漫画」「映画」「グルメ」「ファッション」「文学」「スポーツ」「メイク」「ゲーム」となっています。これらほど大きくはありませんが「フィットネス」「ゲーム」「株式市場の情報」「感動系」もWeiboユーザーの関心の高いジャンルです。

Weiboのユーザーの関心は趣味に通ずる多様なジャンルにまたがっており、一つの傾向でまとめることは難しいことがわかります。

Wieiboユーザーの関心領域

▲Weiboユーザーの関心領域とその大きさを表した図

ユーザーのWeiboの利用用途(複数回答)を調査した結果では「最新ニュースのチェック」「自分の興味のある分野の情報のチェック」の際Weiboにアクセスすることがわかっています。「中国版Twitter」と呼ばれるWeiboですが、報道機関に先んじて一般ユーザーから、また行政機関やタレント本人から情報があげられている点もTwitterと類似しており、これら一次情報を確認できることがWeiboの強みです。

また後者には同じく主要なSNSであるWeChatとの利用目的の違いが際立って現れているといえるでしょう。WeChatではタイムラインにはリアルの友人の日常が流れることも多く、必ずしも自分の関心領域にカスタマイズされたタイムラインが出来上がるとは限りません。それと比較した場合に、Weiboのタイムラインはより自分の関心に合致した情報が流れてくる場となっています。

中国の主要SNS同様、Weiboにも公式アカウントがあり、アイコンには目印として「V」のマークが付与されます。sina社の基準をクリアした証である「V」の認証マークは、アカウントと情報の信頼性を高めるだけでなく、検索結果に優先的に表示されるというメリットもあります。

認証にはアカウント運営者の所属により大まかに2種類に分けられ、「青色」と「オレンジ色」によって分類されています。青色は企業、オレンジ色は個人です。

ウェイボーの認証マーク解説

▲オレンジ色の個人認証と青色の企業認証(Weibo公式サイトより)オレンジ色の認証はさらに「特定分野の専門家(インフルエンサー)」「自社媒体」「個人アカウント」に分類される

認証アカウントだけが利用できる機能もあり、それによりアカウントとファンとの交流を促進することが可能です。同じく、認証アカウントのステイタスを取得することでWeibo上に広告を出稿することができるようになります。またWeibo上ではKOLと呼ばれるインフルエンサーを起用したキャンペーンもしばしば行われています。こういった施策では基本となる形式が存在しますので、基本を押さえたスマートなキャンペーン設計が重要です。

 

連載第14回はこちらからご覧いただけます。本文もぜひご一読ください。

【中国版Twitter】Weibo(微博/ウェイボー)活用のための基礎知識 ~利用シーンと公式アカウントの分類、広告のタイプをおさえる~

次回訪日ラボ連載は8月20日(月)に更新予定です。どうぞご期待ください。

 

中国でインターネットビジネスをはじめるには専門知識が必要です。

「何が必要か」、「スケジュールはどうすればいいの?」
調べる前に、専門家にご相談ください。

お問い合わせはこちら