Skip to main content
拼多多ライブコマース

中国EC市場の「第三極」、拼多多が展開する7つのライブスタイル | クロスシーブログ

苛烈を極める中国EC市場の競争環境において、アリババ・JD.comと共に三国時代を築きつつある拼多多(Pinduoduo)。その拼多多でも、昨今盛り上がりを見せるライブに対する取り組みが進められています。生中継のスタイルも多様化が進んでおり、下記の7つのタイプに分かれてきています。

続きを読む

CEOライブ

中国EC「618」でトレンド入り 「CEOライブ」とは | クロスシーブログ

今年618の傾向としては企業トップが自ら行うライブが増えましたことです。中国OTA最大手のCtripでもCEOの梁建章氏が自ら登場。コスプレやギター演奏等、趣向も凝らした内容で生中継を繰り返し、視聴者数はのべ3,000万人、旅行商品の取引額は5.6億元(約85億円)にも到達しています。

続きを読む

「O’MALL」これからの越境ECとソーシャルバイヤーの関係は?新EC法以降の中国マーケをリードするONIONグループ

2019年7月新宿で、広東省商務庁主催、日本貿易振興機構(JETRO)共催の「中国(広東)―日本越境Eコマース交流会」が開催されました。本社を広州に構え、越境ソーシャルECプラットフォームを提供するONION(オニオン)グループも登壇しました。今年4月には日本法人も設立しています。当日のセミナーの内容をまとめます。

続きを読む

honichi_rensai_19

拼多多(ピンドゥオドゥオ)のユーザー数が4億人となった理由とは/新興中国ECの 「タオバオ」「京東ジンドン」との差別化ポイントは 訪日ラボの弊社連載第19回

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第19回目が公開されました。今回は「EC」に焦点を当て、越境ECとインバウンド需要の関係について考察しました。

続きを読む

主な越境ECサービスのサービス開始時期

中国越境EC、市場規模と主要なプラットフォームまとめ【2018年夏】~今、日本企業が中国越境ECに進出すべき理由~

中国のECユーザーは2018年6月末現在5.69億人に達し、2017年末と比べ6.7%成長、ネットユーザー全体の71%を占めています。中国市場への足掛かりとなる越境ECについて、市場概要と最新の動向をまとめます。

続きを読む

訪日ラボ15回目更新タイトル画像

訪日ラボの弊社連載第15回が公開されました! 最近良く見かける「Tik Tok(ティックトック)」をビジネス目線でどこよりも詳しく解説!~基本情報編~

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第15回目が公開されました。今回はショートムービーサービスのTik Tokについて、ユーザー層やUI、人気コンテンツの法則について解説します。

続きを読む

TikTokある楽曲を使用したコンテンツ一覧

TikTokをどこよりも詳しく解説! ユーザー層&人気コンテンツ&広告タイプ、2018年の中国でショートムービーははずせない!

中国で昨年2017年から人気となっている「ショートムービー(短视频)」。その中でも「TikTok(抖音)」は、手軽にプロのMVのようなスタイルが表現でき、若者に人気です。本編ではショートムービー業界の注目のサービスと、特にユーザー拡大の勢いがはなはだしいTikTokについてそのメインユーザー像と人気コンテンツそして広告タイプまで徹底的に解説します。

続きを読む