Skip to main content
南昌市のショッピングセンター

中国華東地区、地方都市のリアル ~江西省南昌市から二級都市の様子を知る/2018年10月~

中国には「二級都市」「三級都市」といった区分に属する地方都市があります。そういった地域では、人口やGDPが成長しているものの、北京や上海また最近では杭州といった経済的・政治的影響力の大きな都市と比べ、海外から見るとどうしても存在感が小さく見られがちです。これら「中国の地方都市」について、2018年10月の南昌市の実際の様子を交えながら解説します。

続きを読む

honichi_rensai_19

訪日ラボの弊社連載第19回が公開されました! 新興中国EC「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」のユーザー数が4億人となった理由とは/中国の2大EC「タオバオ」「京東ジンドン」との違いから探る

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第19回目が公開されました。今回は「EC」に焦点を当て、越境ECとインバウンド需要の関係について考察しました。

続きを読む

2018年WAOJEイベントの様子

【イベントレポート】弊社執行役員の山本が「WAOJE Global Venture Forum2018 in プノンペン」セッションに登壇いたしました

世界で活躍する日本人起業家と、世界展開を加速したい日本企業が集まる大会「WAOJE Global Venture Forum2018 in プノンペン」が、去る2018年8月31日~9月1日、カンボジア・プノンペンのソカーホテルで開催され、弊社の執行役員、山本達郎も登壇させていただきました。

続きを読む

クロスシーとミャオジェンのロゴ

クロスシー、中国ビッグデータ解析大手Miaozhen Systemsとパートナーシップ契約締結 ~インバウンド・越境ECのプロモーション精度を飛躍的に向上~

日中間のクロスボーダービジネスを行う株式会社クロスシー(本社:東京都台東区、代表取締役社長:渡辺大介、以下当社)は、中国ビッグデータ解析大手のユニコーン企業、秒針信息技術有限公司(本社:北京市、以下、Miaozhen/ミャオジェン)とパートナーシップ契約を締結したことを発表します。

続きを読む

主な越境ECサービスのサービス開始時期

中国越境EC、市場規模と主要なプラットフォームまとめ【2018年夏】~今、日本企業が中国越境ECに進出すべき理由~

中国のECユーザーは2018年6月末現在5.69億人に達し、2017年末と比べ6.7%成長、ネットユーザー全体の71%を占めています。中国市場への足掛かりとなる越境ECについて、市場概要と最新の動向をまとめます。

続きを読む

ショートムービー元年到来! Tik Tokの人気コンテンツから見えてくる「短視頻映え」のコツ

今、中国では「短視頻」と呼ばれるショートムービーに注目が集まっています。昨年Musical.ly(※)と合併したTik Tok(中国語名:抖音)もショートムービーを共有できるSNSです。手軽に音楽を組み合わせることができるのが特徴で、同様のサービスを提供するSNSに比べユーザーの年齢制限が低く設定されており、若者の関心を集めています。

続きを読む