Skip to main content

中国越境ECマーケットで注目の「小紅書/RED」とは~SNS×EC、ユーザー投稿のコンテンツをタップして商品購入へ~

中国人にとって日本旅行の楽しみの一つが買い物です。旅行中の日本でのショッピングは当然、今や時間や場所の制約を受けない「越境EC」を利用して日本製品を購入する人も少なくありません。本編では現在そして今後の越境ECの市場規模について、そして中でも注目のアプリ「小紅書」(RED、小红书、シャオホンシュ)について解説します。

続きを読む

クロスシー、オークファンと資本業務提携 ~オークファングループのサービス「タテンポガイド ネクスト」及び「NETSEA」に連携した中国向け共同ソリューションを開発~

当社は、インターネット関連サービス事業を行う株式会社オークファンと、中国EC向けの共同ソリューション開発を目的に2019年2月末日付で資本業務提携することを合意しました。日本商品の中国向けインターネット販売についてオークファングループの提供するツールで一括管理が出来るようにする他、同グループの取り扱っている日本商品の中国向けネット販売、プロモーションも展開いたします。

続きを読む

訪日ラボ26回目更新タイトル画像

訪日ラボの弊社連載第26回が公開されました! 【中国越境EC】前年度50%増で1兆円超え市場に/今後の中国ECキーワードは「90後・95後・美容」 | 最新レポートから見る中国消費の「イマ」とは

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第26回目が公開されました。今回は中国の「第一財経商業データセンター(CBNData)」と「天猫国際(Tmall Global)」が共同で作成した『2018年越境EC消費新状態(90後-95後)』のレポートから「美容」に関する結果を紹介しました。

続きを読む

訪日ラボ24回目更新タイトル画像

訪日ラボの弊社連載第24回が公開されました! 2019年 中国・ショートムービー市場動向を分析/1億超「いいね」のTOP3インフルエンサーとユーザー属性からみる最新トレンド

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第23回目が公開されました。今回は、2018年に中国だけでなく日本でも話題をさらったショートムービーサービス「TikTok」について、ユーザーインサイト、インフルエンサーランキングと最新のECサイトとの連携についてまとめました。

続きを読む

2018年TikTokまとめ! 広がるユーザー層、EC機能の実装でダブルイレブンでは売上8,000万元(約13億2,000万円)のKOLも

日本でもユーザー層を広げている中国発のショートムービーアプリの「TikTok」。中国版の「Douyin」(抖音)では、日本版とは異なりECへのリンクも開始されました。前半では2018年のユーザー数や追加された機能についてまとめ、後半では新たに実装されたECサービスとの連携について解説します。

続きを読む

honichi_rensai_19

訪日ラボの弊社連載第19回が公開されました! 新興中国EC「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」のユーザー数が4億人となった理由とは/中国の2大EC「タオバオ」「京東ジンドン」との違いから探る

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第19回目が公開されました。今回は「EC」に焦点を当て、越境ECとインバウンド需要の関係について考察しました。

続きを読む

honichi_rensai_17

訪日ラボの弊社連載第17回が公開されました! 【中国SNS】フォロワー数水増し事件発覚で注目度高まる「真実のフォロワー数計測ツール」

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第17回目が公開されました。中国向けのマーケティング施策に欠かせないインフルエンサー「KOL(Key Opinion Leader)」の起用について、その選出から効果測定までの現状の課題と、打開策について解説します。

続きを読む

主な越境ECサービスのサービス開始時期

中国越境EC、市場規模と主要なプラットフォームまとめ【2018年夏】~今、日本企業が中国越境ECに進出すべき理由~

中国のECユーザーは2018年6月末現在5.69億人に達し、2017年末と比べ6.7%成長、ネットユーザー全体の71%を占めています。中国市場への足掛かりとなる越境ECについて、市場概要と最新の動向をまとめます。

続きを読む

北京市内のシェアサイクル

最新!【2018年6月】中国北京の日常報告 ~シェアリングエコノミーとスマホ決済、スマート店舗の今と、現地生活者のライフスタイル~

訪日中国人の心のアンテナを理解するには、彼らの日常生活を知ることから始まります。「中国のあらゆるサービスがデジタル化していてすごい」、そんなニュースを毎日どこかしらで目にする昨今ですが、実際現在の北京はどんな様子なのでしょうか。本編では2018年6月の北京市内(一部天津市内)の様子を紹介します。

続きを読む