Skip to main content

「ジチタイワークス」観光・インバウンド号にクロスシーの記事を出しました

行政マガジンの「ジチタイワークス」は、自治体に特化したサービスを展開する株式会社ホープが発行する季刊誌です。2019年5月に初めての専門号 である「観光・インバウンド号」が発刊され、この中でクロスシーの取り組みに関する記事を掲載しました。

続きを読む

日経中文網Weiboページ

日本経済新聞社の運営するWeiboアカウント「日経中文網」における広告配信サービスを開始!

当社は、株式会社日本経済新聞(所在地:東京都千代田区、社長:岡田直敏)の運営するWeiboアカウント「日経中文網」の広告セールスレップとして、本アカウント上での広告配信サービスを開始したことを発表いたします。日本に関心の高い、ビジネスマン層に情報を届けることが可能となります。

続きを読む

訪日ラボ32回目更新タイトル画像

訪日ラボの弊社連載第32回が公開されました!働きすぎ中国人が待ちわびる特別4連休、2019年の「五一(メーデー)」は日本・タイ・ベトナムへ海外旅行!

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第32回目が公開されました。 今回は、今年の「五一」の海外旅行動向を探りました。団体旅行、個人旅行それぞれの人気旅行先について紹介し、その理由を考察しています。

続きを読む

中国越境ECマーケットで注目の「小紅書/RED」とは~SNS×EC、ユーザー投稿のコンテンツをタップして商品購入へ~

中国人にとって日本旅行の楽しみの一つが買い物です。旅行中の日本でのショッピングは当然、今や時間や場所の制約を受けない「越境EC」を利用して日本製品を購入する人も少なくありません。本編では現在そして今後の越境ECの市場規模について、そして中でも注目のアプリ「小紅書」(RED、小红书、シャオホンシュ)について解説します。

続きを読む

訪日ラボ31回目更新タイトル画像

訪日ラボの弊社連載第31回が公開されました!中国最新トレンド「コーヒーのある生活」に見る「ゆとり」を求める中国人の姿〜デリバリーコーヒー「ラッキンコーヒー」の登場と苦戦

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第31回目が更新されました。今回は中国における 「コーヒー」 最新事情を紹介しました。嗜好品としてのコーヒー人気の高まりだけでなく、「ニューリテール」として人気を拡大した「瑞幸咖啡(luckin coffee、ラッキンコーヒー)」 のこれまでの動向を解説します。

続きを読む

訪日ラボ30回目更新タイトル画像

訪日ラボの弊社連載第30回が公開されました!中国スマホ新常識 SNSアプリの中に入れるアプリ「ミニプログラム」って?中国ネット世界がガラリと変わってる

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第30回目が更新されました。今回は中国人のネットユーザー≒スマホユーザーの活用が広がる「ミニプログラム」を解説しました。ミニプログラムの機能やプラットフォームごとのラインナップ、ユーザーの利用傾向などを紹介しています。

続きを読む

自己紹介する当社の山本達郎執行役員

日本・東京商工会議所にて越境ECをテーマに講演しました【セミナーレポート】

2019年2月22日、日本商工会議所・東京商工会議所において「中国向け越境 EC 市場と事例紹介」をテーマに、 当社執行役員の山本が 講演しました。当日は会員企業から約50名の方々にご参加いただきました。越境ECという今後成長が見込まれるテーマとあってか、講演後にも活発な質疑応答が行われました。

続きを読む

訪日ラボの弊社連載第29回が公開されました! 爆買いの次は【爆滑り】 前年比1.5倍で高まる中国旅行者の「雪・スキー需要」を2019年Ctrip最新レポートから解説 

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」でのクロスシー連載第29回目が公開されました。今回は中国旅行研究とCtripのレポートから「雪」にまつわる2019年冬の中国人旅行者の傾向を解説します。

続きを読む

兵庫県のアカウント及びQRコード

ひょうごツーリズム協会がWeChat公式アカウントを開設 中国人目線の現地体験取材コンテンツを配信、初年度目標達成率200%超へ ~兵庫県公式WeChatを開始~

当社は、公益社団法人ひょうごツーリズム協会(所在地:神戸市中央区、理事長:西村肇)のWeChat公式アカウントを開設し、運営を開始したことを発表いたします。WeChat公式アカウントでは現地在住の中国人による体験取材コンテンツを配信すると共に、在日中国人による情報拡散、またWeChat上でのキャンペーンやWeChat広告を展開し、兵庫県の魅力を中国人に配信します。

続きを読む

娯楽市場が大きく成長中の中国で、映画作品を含むチケットサービス「猫眼電影/Maoyan」が香港株式市場に上場。2018年は国内興行収入600億元を突破

中国では経済成長に伴い、娯楽領域での市場が拡大し続けています。本編では「映画」に着目し、同分野におけるインターネットプラットフォームについて、その2大サービスと、テンセント系「猫眼電影/Maoyan」の上場について解説します。

続きを読む