Skip to main content
兵庫県のアカウント及びQRコード

ひょうごツーリズム協会がWeChat公式アカウントを開設 中国人目線の現地体験取材コンテンツを配信、初年度目標達成率200%超へ ~兵庫県公式WeChatを開始~

Pocket

日中間のクロスボーダービジネスを行う株式会社クロスシー(本社:東京都台東区、代表取締役社長:渡辺大介、以下当社)は、公益社団法人ひょうごツーリズム協会(所在地:神戸市中央区、理事長:西村肇)のWeChat公式アカウントを開設し、運営を開始したことを発表いたします。現地在住の中国人による体験取材コンテンツを配信すると共に、在日中国人による情報拡散、またWeChat上でのキャンペーンやWeChat広告を展開し、兵庫県の魅力を中国人に配信。初年度の目標達成率が200%超となる見込みとなり、今後も更に中国向けの情報発信に力を注いでまいります。

兵庫県のアカウント及びQRコード
兵庫県のアカウント及びQRコード

■本件のポイント

  • ひょうごツーリズム協会がWeChat公式アカウントを開設
  • 中国人目線の現地体験取材コンテンツを配信し、在日中国人によって拡散
  • WeChat広告やキャンペーンにより日本に興味・関心のある中国人にリーチ、初年度の目標達成率は200%超。

■概要

WeChatでは、もともと日本を含む中国以外の外国の企業や自治体は、主体者として公式アカウントを開設することができませんでした。昨年より日本からの申請は出来るようになったものの、実際は審査が通らないという事象も発生していました。クロスシーでは、これまで50件以上の公式アカウントを開設してきたため、そのノウハウ及びネットワークを活用し、ひょうごツーリズム協会者を主体とするアカウント開設を実現いたしました。

クロスシーではCAP(Cross C Ambassador Program)サービスを提供、在日中国人特派員(アンバサダー)による体験コンテンツ制作・配信を行っています。本アカウントについても、11月末の開設完了後、現地在住の中国人による体験取材コンテンツを毎月配信しています。中国人目線で観光、グルメ、ショッピングに関する魅力を生の声で配信しており、この記事コンテンツを在日中国人によって拡散し、潜在的な訪日観光客層にもアプローチをしています。

その他、日本旅行に興味のある層にターゲットを絞ったWeChat広告や、兵庫県の特産品を賞品としたキャンペーンを展開。3月末までに、本年度の目標達成率が200%超となる見込みです。今後も現地の魅力を中国に向けて配信し、日本の観光立国と地方創生に貢献してまいります。

■ひょうごツーリズム協会からのコメント

神戸ビーフや灘の酒、世界遺産・姫路城、雪の城崎温泉で味わう松葉ガニをはじめ、兵庫は世界を惹きつける観光資源の宝庫です。多くの方々に兵庫の魅力を知っていただき、お越しいただきたいと願っています。そこで、WeChatにて兵庫県公式アカウントを開設し、中国の皆様向けに観光情報の発信を開始しました。CAPを活用した中国人目線での記事コンテンツの充実に力を入れていきます。たくさんの方にフォロワーになっていただくことを期待しています。

兵庫県産業労働部 国際観光課 課長 島田三津起氏
兵庫県産業労働部 国際観光課 課長 島田三津起氏

■兵庫県アンバサダーからのコメント

2012年に北京から来日し、それ以来趣味で日本各地を旅しています。兵庫県内のお気に入りスポットは南京町、六甲山、奇跡の星の植物館など。兵庫県の情報は、中国にまだまだ十分に届いていないと感じています。県内には素敵な場所がたくさんありますので、今後も現地の魅力をレポートしていきます。

曲夢婷(きょくむてい)氏
曲夢婷(キョクムテイ)氏

■株式会社クロスシーについて

中国語圏向けに日本情報の提供をするインターネットメディア運営・タレントマネジメント事業を行うと共に、インバウンド及び越境ECのプロモーション事業を展開しています。日本の観光立国を実現すべく、メインターゲットとなる中国(中華圏)への観光情報、サービス、商品について、日中間の情報格差を埋め、観光客にとって最高の日本体験の提供を目指しています。

[会社概要]

社名     :株式会社クロスシー
代表者    :代表取締役社長 渡辺大介
所在地    :東京都台東区上野2-11-16 NDK第一池之端ビル8階
創業     :2010年4月
URL     :http://x-c.co.jp/
事業内容   :中華圏向けインターネットメディア、タレントマネジメント、プロモーション事業

■お問い合わせ

連絡先    :03-5846-8931 info@x-c.co.jp
担当     :山本

中国でインターネットビジネスをはじめるには専門知識が必要です。

「何が必要か」、「スケジュールはどうすればいいの?」
調べる前に、専門家にご相談ください。

お問い合わせはこちら